今日を無事過ごせたことに感謝★明日はどんな一日かなぁ・・・ *
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月30日 (土) | 編集 |


昨日は、家で借りてきたビデオをみてました。
「ドラムライン」 これはまた・・・とてもイイっ!

主人公(デヴォン)は、大学でマーチングバンドに入ります。
音楽漬けの大学生活を送るうちに、もちあわせた自信過剰な性格で敵を作ってしまうけれど、そんな辛い状況から『いままでの自分を少し変える』ということに挑んでいきます。
その姿を描く作品です。
・・・どこと無く勇敢で、とても大切なことを時間を掛けて見せつけられるような思いでした。

デヴォンの非凡なるドラムテクニックのシーンは映画の中に度々登場するけれど、「ストーリーとしての進行部分」と「テクニックを見せる部分」が全体的にとってもバランスよく混ざっていて、作品としてとっても見やすいです。
なにはともあれ、そのドラムワークに私は執心!うまい!なんつうか、ドラムが生きているかのよう。
・・・そして、他に見所なのはオールディーズの曲たちのアレンジ。
これがおしゃれでかっこよくてまたイイッ♪♪

楽器をする人はきっと、一度は深層意識の中で、無意識に思うままのソロをとりたいと願うでしょう。
できるだけ、楽器と自分を一体化しようと思うものでしょう。
頭に浮かんだフレーズそのままを、楽器が最高の状態で、思いっきり吹き倒す!ことが出来たら、ほんとに幸せだと思います。
この映画は、デヴォンが(映画だからなんだけど)その深層意識にあるものを、すんなり自分の発するメッセージに変えられることを魅力的に見せすぎるので、見る側に与える『音楽に対しての考え』をより一層際立たせるような気がします。

それにしても選曲が、ノレちゃうかっこいい曲ばかり。
意識が集中しまくってると、勝手に手は拍子をとり、体が動きはじめたり(笑
また、チアガールのようにかっこよくダンスを踊りたくなります(^-^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。