今日を無事過ごせたことに感謝★明日はどんな一日かなぁ・・・ *
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月14日 (日) | 編集 |
先日あるTV番組でジャン・レノさんが出演していて、これは話を押さえておかなければ!と感じた本。

それが『ダ・ヴィンチ・コード』でした。
5/20から映画が公開になるそうですが、是非ともそれまでにはどんな話なのかあらすじを知っておきたいという欲求が先でした。

その番組内で得た情報によると全世界で4500万部売れた物語だとか!
そんなに面白いの?!という半信半疑で・・・

早速買い込んで読んでますが、現在上・中・下巻に分割されている話の、中の中辺り。
・・・ほんとに、面白いっ!!という感じです。
しっかり引き込まれて読んでいます。

大体の話:ルーブル美術館で館長が殺されるというショッキングな事件が発生。
その事件は単純なる殺人事件では無く、長いキリスト教史の中で厳重に守られてきたあるものを欲望に任せて奪い、占有しようとするある一派の思惑により引き起こされたものでした。
ルーブル美術館所蔵の芸術作品に謎解きのヒントを掛け、宗教の歴史を絡めて壮大なスケールの謎解きをしていくというお話。
全部読んでないので、これからの展開が異様に楽しみ!


** 後日 **
水田さんと品ちゃんと一緒に映画館で見てきました。
一言でいうと、「映画だけ見てもわかんない」 (笑
これは、先に作品を読んでから見ないと、端折られているシーンもたくさんで
(さすがに収めきらなかったのでしょう)
展開も早く、さらに宗教的な理解がある程度無いと訳わかんないことになるかもなぁと思いました
(+‐+)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。