今日を無事過ごせたことに感謝★明日はどんな一日かなぁ・・・ *
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月25日 (金) | 編集 |
ひとりで映画館に入るのって、ちょっと勇気要りませんか?
でも、わたしには、その日どうしても一人で観たい映画がありました。
なので、人目をあまり気にしなくてもいい、遅い時間に行ってみることにしました。
ホットココアを貰って、ふかふかの椅子でゆっくり贅沢に過ごすひととき  幸せです。
タイトルは、『In her shoes』

マギー(キャメロン・ディアス)は無職、一方の姉ローズ(トニ・コレット)は仕事は成功しているけど恋はうまくいかないという姉妹のお話です。
・・・キーワードにshoesとあるだけに、ローズの持っている靴の数は凄い!
靴屋がひらけるかと思うくらい!
ローズは靴を「自分への慰め(=飾り物;抽象的)」として捉えているけれど、マギーは「履いて自分を綺麗に見せるもの(=手段;実用的)」と思っています。女性を大きく二つに分けるとしたら、そういう分類になるのかな?
つい、私はどっちだろう?って考えました。

自分の場合だけど、少し前は、ローズの発想に近かった気がします。
でも今はマギーの生き方に共感できます。
たくさんためたお金もそう、
いい靴も、
素敵なコスメも、
高価な食器も 
・・・手に入れて眺めてるだけじゃダメなんだと
(私は言うほどの高級げなもの何も持ってないケド)

見ていて面白かったです 
『詩』は重要なポイントとして使われているけど、
結構自分の中で今回見直した世界の一つでもあります。
本屋さんでお気に入りの詩集を見つけるのもいいかもしれないなぁ 

テーマ:雑記
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。