今日を無事過ごせたことに感謝★明日はどんな一日かなぁ・・・ *
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月15日 (日) | 編集 |
朝6時すぎになって、
お母さんのベッドの隣の、空きベッドで頭を伏して仮眠しました。
姿勢が無理しているので、腰も痛い…
でも母のことを思うと、少しの時間でもそばに居てあげたいので
そんな自分の都合は後回し。
仮眠、1時間ほど。

9時、
病院内の売店でパンと飲み物を買って、病室へ。
今日は、看護婦さんが体を拭いてくれました。
でも母には、呼吸が苦しいのが目一杯で、
体を拭いてもらう事自体、
おそらく意識が行ってなかっただろうな…と。


お昼前には、様子が酷く、
正直、担当の先生に聞かなくたって、伝わってきます。

母は、本当に、もう長くない。
素人として看護していても、こんな状態が何日も続くと思えない。
…母の苦しみを思うと、
はやく楽になって欲しい、
という思いしか湧いてこない。
だって、こんなに、頑張ってきたのだから。


14時、
父が病室へやってきたので、交代で一時帰宅して、
シャワーや夕飯の準備など済ませ、2時間ほどで病室へ。

17時、
呼吸の苦しさを解消するために
体の向きを変えたり、高低差をつけたりしていたけど
効果が薄れてきた。

18時、
話しかけても、
頷きなどのリアクションがあるのは、10分に一度ほど。
ほとんど骨と皮のようだった手は、何かの影響でむくんでいる。

21時、
看護婦さんより、
血圧が下がってきて、痰吸引しても血圧戻りの効果が薄いので
ほかのご家族を呼んでください、と説明がある。
血圧か、脈拍がだんだん下がってきて、心臓が自然に止まる状態になるらしい。

22:30、
父が病室に到着。
病室で二人きりにする。
父に、聴覚だけは残ってるので、話かけてあげて欲しいと伝える。

23時、
弟が病室に到着。
私の家族…父と母と、長女、長男の4人で、ひとときを過ごす。
私が昔の家族旅行の写真を持っていたので、そのことなども話題にして
できるだけ、リビングでみんなが話しているようにした。
時々、旅行先の地名などが出ると、母のうめく声がする。
きっと、思い出されることがたくさんあるんだろうな


こんな状況が、自分の家族に起こるなんて。

わかっていたつもりだったけど、本当に辛い。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。